大分駅から車で10分/春日神社近く/フレスポ春日浦内
無料相談のご予約はこちら

0120-718-737

不動産オーナーがお亡くなりになった時の相続税申告

当案件の節税効果

実際の節税効果

基礎控除及び生命保険控除以外に小規模宅地の特例を使って相続税の減額、広大地評価による評価減行ったことで、相続税納税額にして9,800万円以上減額することができました。

相続税申告時の状況について

財産状況

・土地  64,200万円

・家屋  930万円

・事業用財産 30万円

・有価証券+現預金 3,300万円

・保険金 1,300万円

・債務  500万円

・葬式費用  280万円

 

相続人と控除額
被相続人

ご相談者の配偶者(夫)

相続人

相談者(妻)、子供2名

ご相談内容

相続税額を減額できないかどうか、税額を計算してほしい

ご提案内容
税理士に相続税申告をご依頼いただき、約9,835万円の節税に成功しました!

小規模宅地の特例を活用することにより、1,080万円の減額に成功!

広大地評価の減額により、23,750万円の減額に成功!

相続人は、配偶者と2名のお子さん。基礎控除は8,000万円あり、さらに、生命保険控除として、1,300万円を活用しました。

お持ちの不動産物件が広大地評価による減額の可能性があり、また生命保険金も含めた相続財産が高額となっていたため、税理士に相続税申告をご依頼されました。

 

PAGE TOP